娘に大役

いよいよ息子の小学校生活最後の週となりました。・・・とは言うものの、本人はいたって普通・・・ まあ、ほとんどの子が区立の中学校へそのまま持ちあがるみたいなもんだし、そういう意味でたいした感傷も持てない、というのは私自身のことを思い返しても・・・ そんなものかもしれないと思いますがね・・・

小学校の登校班からは、当然ですが抜けることになります。それで、先日、登校班の集まりがあったそうです。息子たち卒業生の追い出しと新小1の歓迎会・・・ってところでしょうが。

そこで、どうやら娘が「副班長」に任命されたらしい・・・

6年生が班長となるわけですが、その6年生は行事が多く、登校班から抜けることもしばしば・・・ そうなると当然、5年生が下を束ねる必要が出てきます。うちの班で5年生というと・・・3人しかいない? うち2人は双子、となると、やはり娘が当然の様に指名されるわけで・・・

人材不足・・・(バキッ!)娘はグーで殴る・・・(^^;

とは言え、本人、既にやる気十分のようで、経験者である息子に「副班ってどういうことやるの?」と質問攻め・・・

うーん・・・ 確かにまだまだ保育園児みたいな感覚があるんですが、こういうところで確実に成長しているという実感が沸いてきますね・・・(^^)

そう言えば、昨日、私の実家へ遊びに行った帰りに、例の河川敷に久々に行ったんですが・・・

画像
こんな感じに、忍者模様(娘いわく)の最上部に手が届く・・・


画像
ついこの間までは、こんな感じ・・・
(届かんわな)


あいかわらず、お気に入りサイトでゲームやってますが、その時は私の膝の上だし・・・

このままでいいような、よくないような、なんというか、ジレンマですな・・・(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック